更新履歴
    ふて寝してスマホをいじる男性

    勃起障害の人は暴飲暴食をしていることが多いです。
    肥満の割合が多いのは、カロリーを摂り過ぎているからでしょう。
    タンパク質は男性機能を維持するために必須ですが、脂肪や糖質の摂り過ぎはいけません。
    燃え残ったカロリーは体脂肪となったり、血中脂質になって血液をドロドロにしてしまうのです。
    体重が増えるということは、カロリーを摂り過ぎている証拠なのです。
    適正体重を維持できるように食事コントロールをしていきましょう。
    入浴をあまりしない方も注意が必要です。
    浴室ではシャワーしかしない方がいますが、これは身体を冷やす原因となります。
    身体が冷えてしまうと、冷えた部位から血行不良を引き起こすのです。
    冷えは心臓のポンプ機能を鈍らせますし、下半身を中心に血行不良を招きます。
    入浴は身体を温める習慣として大切なので、全身浴や半身浴は毎日行いたいものです。
    市販の足浴器があれば、いつでも気軽に足先を温めることができます。
    足を温めると上半身まで温浴作用が及ぶので、全身の代謝促進にもなります。
    燃焼体質に変化すれば、食生活で少しくらい多めにカロリーを摂取しても燃焼させてくれるでしょう。
    勃起障害の原因としては、仕事の疲れも無視できません。
    仕事から受けるストレスは非常に大きく、自律神経のバランスにも影響します。
    ハードな仕事、ストレスの溜まる仕事を続けている方ほど、勃起障害になりやすいのです。
    睡眠をしっかりと確保して、翌日に疲れを残さないようにしましょう。
    慢性的な睡眠不足は勃起障害を招くので注意が必要です。
    1日6時間を下回る睡眠時間では明らかに不足しています。
    男性機能を維持するためには、1日に7~8時間は睡眠をとりましょう。
    身体機能をリセットするためには、質のよい睡眠が欠かせないのです。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    最近の投稿
      アーカイブ