• ホーム
  • 自転車に乗り続けると勃起障害になる?

自転車に乗り続けると勃起障害になる?

不安を感じる男性

いつまでも若々しく、元気でいるために、健康に良いと言われているサイクリングを行っている方は少なくありません。
年齢を重ねるごとに血行が悪くなるので、男性の場合は疲れが取れにくくなったり、勃起障害を起こす可能性があるので、サイクリングで体を動かし、血液の流れを改善するのは非常に良いことだといえます。
しかし自転車に乗ることで、勃起障害を起こすという話もあるため、本当にそうなのかと不安に感じている方もあるでしょうね。
自転車に乗ると、下半身の運動になるので、血行を良くする効果があるのは間違いありませんが、長時間乗り過ぎると、サドルで陰部が圧迫されるため、血流が悪くなり、勃起に必要な血液が届かなくなる恐れがあります。
特にスポーツタイプの自転車だと、サドルが細いうえ、前傾姿勢で使用しますから、長く乗っていると、股下に体重がかかりやすくなり、陰部が強く圧迫されるようになります。
神経を長く圧迫する姿勢を続けると、器質性の勃起障害を起こしやすいので、サイクリングをするときはスポーツタイプは避け、乗る場合は短時間にするようにしたいですね。
また、勃起障害は、加齢やストレスなど、別の要因が絡んでいる可能性があるので、お近くのクリニックで診断してもらうのもよいでしょう。
今はバイアグラやレビトラなどのED治療薬がありますから、それさえ飲めば簡単に勃起障害を治して、通常の性行為が出来るようになります。
バイアグラやレビトラなどの薬は高いので、あまり利用したくないという方は、個人輸入代行通販でジェネリックのED治療薬を探してみるようにしましょう。
バイアグラのジェネリックといえばカマグラが人気です。
カマグラに含まれる成分はバイアグラと同じなので同等の効果が期待できます。
万が一、サイクリングが原因で勃起障害になった場合は、しばらく自転車に乗るのをやめると、また機能が回復することがありますので、何が原因でEDになったのか、を見極めるのも治療への一歩です。

関連記事
サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ